知っておくべき結婚式のお呼ばれ着物マナー!
両親・親族・友人、関係別のレンタル着物の選び方ガイド


「結婚式にお呼ばれしたけれど、何を着ていこう?」
「お呼ばれ結婚式に、着物をレンタルしてみたいけれど、何を借りればいい?」

大切な方の結婚式。華やかな装いで、祝福の気持ちを伝えたいですよね。でも、どんな着物がふさわしいの?色柄のマナーはある?そんな方のために、お呼ばれ結婚式の着物のマナーをご紹介します。

そもそも、結婚式にはどんな着物で出席すればOK?

親族の場合

晴れの日にふさわしいのは、正礼装と呼ばれるもっとも格式の高い装いです。新郎新婦の母親の場合は黒留袖が一般的です。姉妹や親戚の場合、未婚であれば振袖が正礼装にあたります。既婚の場合や、未婚女性でも少し控えめのスタイルを好まれる場合には、色留袖がおすすめです。色留袖は、紋の違いによって五つ紋、三つ紋などがあり、五つ紋が正礼装とされています。遠縁の親戚であれば、訪問着を選ぶのもいいですね。

ゲストの場合

未婚女性の場合には、振袖が華やかです。振袖は少し派手かな、と思ったら、三つ紋の色留袖や訪問着がおすすめです。既婚女性の場合、振袖を着ることはありません。三つ紋の色留袖や訪問着が一般的なスタイルです。

着物レンタルがとっても便利な3つの理由

帯や小物をコーディネートしてくれる

多くのレンタルショップでは、好みの着物を選ぶと、季節や年代・着物のグレードに合わせて着物のプロが最適な帯や小物をコーディネートしてくれます。帯を自分でセレクトすることができるショップもあるので、自分なりのコーディネートを楽しみたい方は、ショップに相談してみては?

セットで借りられる

普段あまり着物を着る機会がないと、着付けのために何を準備すればいいのか迷ってしまいますよね。レンタル着物は多くの場合、必要なアイテムをすべてセットで借りることができます。例えば、黒留袖に必須とされる末広(扇子)も全部セットになっているので忘れ物の心配がありません。

※セット内容はご確認ください。

お手入れ不要

レンタル着物なら、自分では少し面倒な着物のお手入れが必要ありません。レンタルショップでは、お客様からご返却いただいた着物をプロの手で丁寧にメンテナンスしています。お手入れの行き届いた着物を借りて、終わったら返すだけ。楽チンですね。

レンタル着物のよくあるギモン

同じように見える振袖でも価格が大きく違う場合が。何が違うの?

レンタル着物の価格は、生地の素材によって異なることがあります。正絹に比べ、お手入れが容易なポリエステルの方がお手頃な場合が多いです。

着物にサイズってあるの?

お洋服と違い、着物の場合は着付けによってサイズの調節がある程度可能なため、ワンサイズだけのご用意の場合も。幅や丈のサイズ違いをレンタルできるショップもありますので、サイズ感が気になる方はいくつかのショップを比べてみたり、直接ショップに問い合わせてみてもいいかも。

いつ借りて、いつ返せばいい?

着物のレンタルショップの多くは、利用日(結婚式当日)の約2日ほど前に、指定の場所に届けてくれます。返却は、利用日の翌日が一般的。余裕をもって2日後の返却がOKのショップもあります。詳しくは、ショップのページでご確認ください。

レンタル黒留袖の選び方

新郎新婦の母親、祖母・伯母、姉妹など、新郎新婦に近い関係の場合には、格の高い礼装でゲストをお迎えするのが礼儀とされています。既婚女性であれば、黒留袖を選んでおくと安心です。

黒留袖を選ぶときに気になるのが、家紋。レンタル着物に入っている紋の多くは、五三の桐と呼ばれる一般的なものです。家紋がない場合や家紋を知らない場合に使われますので、どなたでも着用いただけます。ただし、地域の風習や両家の慣習によっても考え方が異なりますので、気になる方は事前に確認しておくことをおすすめします。

華やかで若々しい装いなら・・・

上品で落ち着いた装いなら・・・

レンタル黒留袖をもっと見る

レンタル振袖の選び方

親族でもゲストでも、未婚女性の場合は「振袖」を着ることができます。華やかな色・柄が多いので、おめでたい席にぴったりです。

注意点は、花嫁の着物と被らないこと。新婦が和装を予定しているかどうか、予定している場合には、事前に色や柄を確認しておきましょう。

ドレスであれば、白色はマナー違反とされていますが、着物の場合は色・柄が入っていますので、白地の着物でもマナー違反ではありません。それでも気になる場合には、少し色味の入った振袖を選んだり、柄が多いものを選べばOKです。

一番人気は赤系

個性派にオススメ

単衣や絽の振袖で涼やかに

最近では、夏用の振袖をレンタルできるショップも。季節に合わせて選んでみてはいかがしょうか。

レンタル振袖をもっと見る

レンタル色留袖の選び方

少し遠縁の親族の方や、ゲストの方で、未婚・既婚に関係なく選べるのが色留袖です。留袖の中でも地色が黒以外のものを「色留袖」と呼び、紋の数によって格が決まります。五つ紋がもっとも格式の高い正礼装で、「黒留袖」と同格、三つ紋は準礼装となります。レンタルの色留袖の場合、ゲスト用の三つ紋のご用意が多くなっています。

色や柄の決まりはありませんが、花嫁の衣装に注意しながら、好みにあった着物をレンタルしてみてはいかがでしょうか。

暑い季節には、夏用の色留袖をレンタルしてくれるショップも。夏場の結婚式であれば、涼やかな印象が素敵な色留袖を選びたいですね。

レンタル色留袖をもっと見る

レンタル訪問着の選び方

年齢や既婚・未婚にかかわらず、どなたでも着ることができるのが「訪問着」です。肩から裾にかけてぐるりと絵羽模様が入っているのが訪問着の特徴です。

留袖や振袖ほど格式は高くありませんが、フォーマルな場面にふさわしいとされていますので、遠い親戚や友人・同僚の結婚式にはぴったりです。

裾にだけ模様が入っている色留袖と違って、訪問着の場合は胸元にも柄が入っていますので、テーブルに着席しているときも華やかさが際立ちます。訪問着の柄えらびに迷ったら、着席時によく見える胸元の柄に注目してみてもいいかもしれませんね。

古典柄から個性的でオシャレな柄まで、幅広い品揃えからお気に入りの一着を見つけてください。

レンタル訪問着をもっと見る

※ご紹介した商品の在庫状況は、各ショップにご確認ください。

楽天レンタル Topics

楽天レンタルは、楽天市場のレンタルサービスです。
品揃え日本最大級だから自由に探せて、ポイントもついちゃう!
さあ、おトクにかしこく、身軽なレンタル生活をはじめよう!

キーワードで探す

社会的責任[CSR]