シーンに最適なカメラで撮影したいし、最新モデルも使いたい!カメラはレンタルが賢い選択


今や、写真を撮るのはカメラではなくスマホの時代。日常の撮影はスマホで十分、という人も多いですよね。とはいえ、海外旅行や運動会、結婚式など、「大切なイベントはカメラじゃなきゃ!」と思う機会があるのもたしか。そこでいざカメラの購入を検討するも、「ニコンかな、キヤノンかな、それともソニーにしようかな。一眼レフもいいけど、ミラーレスも捨てがたい」となかなか決められない人もいるのではないでしょうか。

ならば、使いたいときにレンタルするのもアリです。そもそもカメラやレンズは、ニコン、キヤノンをはじめソニー、オリンパスといったメーカーによっても個性があるうえに、撮影する場面によって、最適な機種が異なるガジェット。最近はアクションカメラGoProや全天球カメラのRICOH THEATA(リコーシータ)など特徴的なものも増えてきたので、用途に合わせたモデルをレンタルで使い分けるのは賢い選択と言えます。

今回の記事では、カメラをレンタルするとどんなメリットがあるのかを、紹介したいと思います。

カメラ購入後あるある 「こんなはずじゃなかった!」

ひとくちに「カメラ」といっても、一眼レフ、ミラーレスカメラ、ミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラ、防水カメラ、水中カメラ、ビデオカメラなど、さまざまな種類があります。さらに、接写専用のレンズや遠くの物も撮影できる望遠レンズなど、レンズもさまざまで、最近ではGoProや全天球カメラのRICOH THEATA(リコーシータ)なども話題です。買うときは、インターネット上で口コミを見たり、ニコン、キヤノンからオリンパス、ソニー、富士フィルムまですべてのパンフレットを集めて店員さんの話を聞いたりしながら、迷った末に決めることが多いと思います。そんなふうに時間をかけて、そしてお金もかけて買ったカメラなのに、よくあるのがこんなケースです。

「運動会用に、望遠レンズのついたカメラを購入したら、近くのものが撮影できない」
「高いお金を出して買ったのに、結局、使ったのは年に数回だけ」
「一眼レフやビデオカメラって、保管にもそれなりの場所を取ることに買ってから気づいた」
「久しぶりに使おうと思ったら、管理が悪かったのか、ちゃんと動かない・・・・・」
「ちょっと無理をして高いカメラを買ったのに、数ヶ月後に新しいモデルが出て、損した気分・・・」
「一眼レフって重いから、旅行のときはかえって荷物になる」

せっかく買ったのに、これでは財布も心も残念。そんなガッカリを解消し、カメラをいつでもベストな状態で使えることがレンタルの強みです。

レンタルなら、さまざまな課題をクリア こんなに便利だったんだ!

とはいえ、カメラのレンタルはこれまであまり聞いたことがなかった、考えたこともない、という人も多いと思うので、まずは相場を見てみましょう。

一眼レフの本体と、レンズのセット。購入すると7〜10万円程度するニコンやキヤノンの製品を、3泊4日で6,000〜1万円程度で借りることができます。もちろん、店頭で受け取り返却する場合に限って最短1日のレンタルも可能ですし、長期間使いたいときにうれしい月額のプランもあるので、用途に合わせて製品や日数を選ぶことが可能です。

持ち運びしやすいコンパクトカメラなら、ソニーやパナソニックで1日1,000円台、3泊4日の場合でも数千円で借りることができます。チェキやRICOH THEATA(リコーシータ)といった、使う場面が限定されがちなカメラも2,000円前後でレンタルできるので、買うよりもお得です。

話題のアクションカメラ、GoProも3泊4日を1万円未満で借りて、お試しで使ってみることもできます。

そのほかにも、

・撮影したいシーンや条件に合ったカメラを使うことができる
・いつでも最新モデルが使える
・保管場所を取らず、メンテナンスが不要
・購入を検討しているときは、レンタルして試し使いすることで、使い勝手や撮影した画像の質などを確認できる

などのメリットがあり、思っていたよりも便利で賢い選択、ということが見えてくると思います。「カメラは買って使うもの」という思い込みを、一度捨ててみるのはいかがでしょうか。

シーンに適した最高のカメラを選ぼう!

レンタルにすると毎回違う機種を使うことができるので、シーンに合ったカメラで撮影できるのが大きなメリットです、ということは先述しました。では、シーン別にどんなカメラがベストなのか、もう少し具体的にみていきましょう。

・運動会なら・・・

離れた場所から我が子の姿、しかも走ったり踊ったりと素早く動いている姿を撮影する運動会では、一眼レフと望遠レンズがマスト。春や秋の運動会シーズンには、ソニーの75-300mm超望遠レンズ、ニコンの18-300mm高倍率のズームレンズなど、すぐに予約で埋まってしまうモデルもあります。

・入学式、卒業式なら・・・

自宅や学校の前、満開の桜の下、そして屋内の式典の写真もキレイに撮りたい。遠いステージ上にいる姿や、間近で豊かな表情も見逃したくない入学式や卒業式。こんなときは、広角にも望遠にも対応するキヤノンの18-200mm高倍率ズームレンズ、一眼レフ全機種にボディ内手ブレ補正機構を搭載しているオリンパスがオススメです。

・結婚式、二次会なら・・・

普段はカメラでしか撮影しない人も、人生の一大イベント・結婚式はビデオカメラで撮影したいと思うもの。初心者でも安心してハイビジョンで撮影できるソニーのHDR-CX680やパナソニックのHC-V360MSをレンタルして、貴重な瞬間を逃すことなく収めたいですね。二次会では、その場でプリントして文字や絵を書き込めるチェキが大活躍します。

・海外旅行なら・・・

小さいながらも高画質のアクションカメラ、GoProをレンタルしてはいかがでしょう。防水防塵なのでダイビングやビーチリゾートなど環境を選ばず、普通のカメラにはないアングルで撮影できるので魅力的な動画が撮れますよ。上下左右グルっと360度撮影できるRICOH THEATA(リコーシータ)も使ってみたいですね。

仕事で、地域で、本格的な機材が必要になったときにも重宝!

カメラのレンタルは、プライベートでの活用だけでなく、仕事での利用や、地域・学校のイベントのスタッフとして撮影する場面でも重宝します。

例えば、仕事のプレゼンやイベント用に、映像を撮影してそれをプロジェクターで映し出す必要なとき。高画質の画像を撮影できるビデオカメラだけではなく、ワイヤレスのピンマイク、三脚や予備のバッテリー、プロジェクターなども合わせてレンタルすることができるので、とても便利です。

地域や学校のイベントを撮影して記録として残したいときも、長時間撮影できるメモリーを内蔵したビデオカメラやバッテリーをレンタルできるので安心です。カメラはいつでもレンタルできる、と頭の片隅に置いておくといいかもしれませんね。

落としたり、水没させたらどうしよう・・・? そんなときも安心の補償制度

カメラは精密な機器なだけに、使っているときに壊れちゃったらどうしよう、落下したり、水没させてしまったり・・・ という不安もあると思います。

お店によって補償の内容に違いはありますが、レンタル価格の数%の価格で入れる補償制度もあれば、本体価格にすでに補償が含まれているところもあります。一定以上の修理費は請求されない仕組みになっているお店もあるので、レンタルをするときは補償制度を必ず確認するようにしましょう。

まとめ

一昔前は、どの家庭にもカメラがあるのが一般的でしたが、スマホの普及とともに、その出番はどんどん減ってきました。もしもご家庭にカメラがあるのなら、この1年間で何回使ったかな?と振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

一方で、技術はどんどん進化しているので、カメラの性能はどんどん良くなっていっていますし、GoProや全天球カメラといった話題のカメラも次々に出てきます。

カメラでこそ撮影したいと思う場面は、記録に残しておきたい大切な瞬間のはず。レンタルしたカメラで、最高の場面を切り取りませんか?

楽天レンタル Topics

楽天レンタルは、楽天市場のレンタルサービスです。
品揃え日本最大級だから自由に探せて、ポイントもついちゃう!
さあ、おトクにかしこく、身軽なレンタル生活をはじめよう!

キーワードで探す

社会的責任[CSR]